赤坂AAクリニック 会員制 内科・美容皮膚科

高濃度ビタミンC点滴は、免疫力向上、がん予防、がん治療、そして美容と万能療法

高濃度ビタミンC点滴は、免疫力向上、がん予防、がん治療、そして美容と万能療法

btn_post_back

高濃度ビタミンC点滴は、免疫力向上、がん予防、がん治療、そして美容と万能療法

2015.05.26更新

ビタミンCは、馴染みのあるビタミンですが、近年とても脚光を浴びています。ビタミンCが不足して発症する壊血病など知られていますが、不足の場合、それ以前にも体調が崩れたり、老化したりといろいろなマイナスの兆候が現れます。ですから不足にならないように、野菜や果物をしっかり摂取しなければいけないません。ところが多くの動物では、必要に応じて血中の糖成分をビタミンCに変換して使っているので、外からの摂取を考える必要がありません。

                 特にヤギは

images_vitamin_c01大量にビタミンCを体内で産生するのです。人類の遺伝子に、このビタミンCへの変換機構の痕跡が残っているとの報告もあります。

そんな便利な体内の機構が、現代の人類に備わっていないのですが、実は、類人猿の時代から直立歩行が始まり、脳が急速に発達してきたことが、それには関わっています。

ご存知のように、脳は糖を大量に消費して機能する臓器です。糖でビタミンCを産生してしまうと、脳に必要な糖が減ることになります。

人類は、ビタミンCの産生よりも脳の発達を選んだことになります。大事なビタミンCは生きる為にとても大切なのです。

さて、多いにビタミンC,それに他のビタミン類、そしてミネラル類は意識して摂取する必要があるのです。サプリメントや点滴による補給もとても有効です。

もう一つの注目点は、ビタミンCが栄養成分としてだけでなく、大量摂取した場合には、薬のように色々な効能を発揮することの発見です。

2005年に、高濃度ビタミンCが、癌細胞を殺すとの研究論文発表があり、それが急速に世界に広がり、今や安全な抗がん剤として全世界で李朝に使われています。

 

医療法人社団健若会でも、2006年から治療に導入しています。多くの方々を治療してまいりましたが、QOLの向上や、健康寿命の延長には目を見張るものがあります。免疫も強化し、転移を抑制しながら、癌細胞を攻撃するのですから、実に頼もしい抗がん剤です。それで、いわゆる副作用がないのですから、とても理想的です。

 

とても良い点は、副作用がなくて抗がん作用があるのですから、健康な人が「癌予防目的」でつかえること。そして手術後の「癌再発予防」でも威力を発揮してくれます。

 

深部加温療法との併用療法では、癌細胞の感受性を上げることで、治療効果が約2倍になる事も知られており、安全な癌治療として、注目されています。