赤坂AAクリニック 会員制 内科・美容皮膚科

血液オゾン療法、血液クレンジング、血液バイタル療法の違いは?

血液オゾン療法、血液クレンジング、血液バイタル療法の違いは?

btn_post_back

血液オゾン療法、血液クレンジング、血液バイタル療法の違いは?

2015.04.14更新

血液クレンジ森先生写真2ング療法は、オゾンガスの強い酸化力を利用して、人間が本来持っている自然治癒力、自己治癒力を強化する治療で、世界では一般に血液オゾン療法と呼ばれています。日本では、血液オゾン療法を、血液クレンジングと呼称を変えた途端に注目を浴びて、一般にある程度認知されるようになったのです。

血液クレンジングからイメージする治療効果は、①血液をきれいにする、②血液をサラサラにする。結果として、③身体にはとても良いことで④元気になる。そんなことでしょうか?

このイメージは決して誤りではありませんが、血液クレンジングにはもう少し広範な効果があり、もう少し深い治療なのです。そこで、もっとふさわしい呼び名は無いかと思案した結果、私は「血液バイタル療法」と呼称を変えました。

この療法は、オゾンガスによる最初の刺激によって、血液はサラサラになるのですが、それ以外に免疫を活性化したり、ミトコンドリアに働きかけてATPエネルギーを増産させたり、細小血管内皮細胞に働きかけて、一酸化窒素を放出させ、血管を拡張させることで末梢循環を改善する作用、活性酸素を消す抗酸化力の強化、それに体内の幹細胞を稼動化して働かさせ再生能力を向上させるなどの、素晴らしい効果が沢山あるのです。

これらが作用した結果、体中の細胞(脳や心臓、肝臓など)が活性化してきます。これは、まさしく老化予防から若返りに、自然治癒力向上から病気予防目的や病気治療にも多いに効果が認められています。

 

医療法人社団健若会に所属する当院は、2万件以上の臨床経験を有する医療法人社団健和会 赤坂AAクリニックでのノウハウをすべて共有していますので、安心して治療が受けられます。

血液を、そして全身の細胞を活性化するために、従来の方法を更にパワーアップした血液バイタル療法を是非ご体験下さい。