赤坂AAクリニック 会員制 内科・美容皮膚科

施療内容 Service

«一覧に戻る

免疫年齢検査

images_immunity01免疫力は、加齢・ストレス・不適切な生活習慣などで低下します。

また、病気や病気の治療も免疫力を低下させる要因となります。

免疫力は思春期にピークとなり、20歳を過ぎると少しずつ低下し始め、40歳代でピーク時の50%、70歳代で10%台まで低下する例もあります。

また免疫力はストレス・病気に対抗するシステムでありながら、それらに負けて低下が起こると悪循環を起こし、さらなる低下が進行します。

 

 

 

 

 

 

 

免疫力低下と癌の関係

images_immunity02

癌遺伝子検査のメリット

40歳以降ではかなり免疫力が低下していることがお判りになったと思いますが、一般に癌の発症は40歳以降から増加して、60歳以降ではますます増加します。これは免疫力の低下と比例して増えるのです。この事は癌の治療や予防に、免疫力の強化が極めて重要であることを示す事実です。

まず、自分の免疫力が年齢以上に低下していないかの検査から始めましょう。そして実年齢より10歳位は若い免疫年齢を維持するのが秘訣です。

以下の項目について検査します。
  • ○ 白血球
  • ○ T細胞数
  • ○ 赤血球
  • ○ T細胞増殖係数
  • ○ ヘモグロビン
  • ○ CD4 T細胞数
  • ○ ヘマトクリット
  • ○ CD8 T細胞数
  • ○ 白血球内容
  • ○ CD4/CD8細胞比
  • ○ 好中球
  • ○ ナイーブT細胞数
  • ○ リンパ球
  • ○ メモリーT細胞
  • ○ 単球
  • ○ ナイーブ/メモリーT細胞比
  • ○ 好酸球
  • ○ B細胞数
  • ○ 好塩基球
  • ○ NK細胞数