赤坂AAクリニック 会員制 内科・美容皮膚科

施療内容 Service

«一覧に戻る

遺伝子検査・癌(がん)遺伝子検査

img_service_dtl_service01

採血のみで微細な癌(がん)細胞の早期発見・再発防止・予防管理
癌(がん)で死なないために最先端癌(がん)遺伝子検査を!

癌(がん)健診はここまで進んでいます。PET検査で不可能と言われる5mm以下の微小癌(がん)や癌(がん)の前段階の遺伝子異常までも発見します。

癌(がん)は遺伝子のキズが重なって出来た病気です。遺伝子のキズを高濃度ビタミンC などで治すことで、癌(がん)化は防げます。これが21世紀の癌(がん)予防医療です。早期発見から積極予防へ!


遺伝子検査による癌(がん)診断

5mm以下の微細な癌細胞の存在、癌リスクの評価を通じて発症の前段階から癌の発見・管理が出来ます。

img_service_dtl_service02

癌(がん)因子の素早い発見は、予防管理・再発防止管理に繋がります。

 

がんのリスクがわかるがん遺伝子検査「CanTect」

CanTectは、親からの「先天的な遺伝子情報」を調べるのではありません。
現在あなたの体の中で進行しているかもしれないがん細胞の痕跡、血液中のがん細胞にかかわる遺伝子の
「後天的な変化」を調べます。

がんになる前の超早期がんリスク評価を可能とし、がんを未然に予防するチャンスを与えてくれます。
がん治療後においても「再発に向かっているのか」「改善されつつあるのか」、再発予防管理が可能となります。

 

癌(がん)遺伝子検査の4つの目的

  • 1.超早期診断

    画像診断や内視鏡検査では発見が困難なごく小さい癌(がん)細胞(5mm以下)も、癌(がん)細胞から血液中に遊離される遺伝子(DNA、RNA)等を解析し、その存在リスクを評価。これにより超早期診断が可能になります。

  • 2.予防管理(癌(がん)の発症は2人に1人の高割合です。癌(がん)の早期発見よりも癌(がん)予防が重要です。)

    癌(がん)の芽である軽度の遺伝子異常を示す前癌(がん)病変を検出します。この遺伝子異常を正常化させる治療で癌(がん)の発症を未然に防ぐことが可能です。

  • 3.再発防止管理(手術で癌(がん)が摘出された症例でも半数以上に癌(がん)再発の危険があります。)

    画像診断では追跡が出来ない極小癌(がん)細胞による癌(がん)再発リスクを評価します。リスクを軽減させる治療を早期に開始して再発を防止します。

  • 4.安全性(放射線被爆や電磁波による影響はありません。)

    検査は約20ml程の血液のみで被爆などの危険性はありません。