分子栄養バランス度検査

分子栄養療法サプリメント外来

分子栄養療法の適応

  • 健康だけど、疲れや冷えなど少し不調を感じる。
  • 今の健康をずっと維持したい。
  • 風邪をひきやすく最近免疫が低下している。
  • 心筋梗塞、癌、糖尿病など病気が心配で予防したい。
  • 病気で治療しているが、薬だけで大丈夫なのか?

次の効果が体感として現れます。

自己治癒力を高め、健康増進や老化防止、そして病気治癒の補助効果が現れます。

  • 風邪など病気になり難く、老化もゆっくり。
  • 病気になっても快復が早く薬の服用が少ない。
  • 疲れがなくスタミナがあり健康感がある。
  • 集中力があってストレスに負けず、前向きになれる。

分子栄養療法で対象とする疾患

病気と言えない不定愁訴

病気とは言えない様々な「不定愁訴」を訴える人が増えています。たとえば疲れやすい、眠れない、意欲が出ない、肩こり、頭痛、身体の冷え、めまい、不安感、肌荒れ、食欲不振、腹痛など。このような方は通常の病院での検査では、ほとんど正常で、病気と言えないので何の治療もしてもらえません。

しかし分子レベルの栄養バランス検査では、異常値が発見されることが多く、分子栄養療法で殆ど解決されます。

ページのTOPへ移動します。